vol.12【不動産を高く売る】売却前のリフォームは必須なの?

2021/06/25
こんにちは!
クラスコ売買営業課でございます。

不動産を売るときに、「売却する前に補修や修繕を行うべきかどうか」を気にする人は多いのではないでしょうか?

「少しでも見栄えを良くしてから売った方が高値で取引が成立しそう」
「見栄えの良い物件にした方が早く売れそう」
​​​​​​などと考える人もいるようですが、実際はどうなのでしょう。

まずは補修(リフォーム)が必要なケースをご紹介していきます。

■どういう時に補修が必要なの?

どのように住宅を使用してきたかにもよりますが、
ポイントは「建築年数」と「設備の耐久年数」です。

1)建築年数

まず建築年数ですが、戸建住宅は築5~10年目から外壁の剥がれが始まり、
10~15年で給排水設備の更新を考えるべきとされています。
さらに、15年目以降は目で見て劣化がわかるところを交換していく形にすると住宅が長持ちするという声もあります。
劣化を確認し、建築年数に合わせた補修が必要です。

2)設備の耐久年

戸建住宅の各設備はそれぞれ耐用年数の目安が設定されています。
これを元に補修を考えるのも一案です。
戸建住宅を補修には本記事にあるような期間と費用が必要です。
戸建住宅を売るために補修が必要かどうかは、不動産会社に相談すると良い判断ができます。
 

最終的に高く確実に売るためにはどの選択をするのが良いのか?という相談をしていただければと思います。

上記についてご不明点はございませんでしたか。
クラスコでは不動産に関するお悩みのご相談を承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
 

■―――― 1分♪カンタン来店予約 ――――■

【WEBで来店予約はこちらをクリック】

https://baibai.crasco.jp/contact/reserve

【 電話で予約 】 076-222-1100

【メールで予約】 baibai@crasco.jp

・ご来店希望日時:          時

・ご連絡先電話番号:        

■―――――――――――――――――――■  
【クラスコ売買店舗情報】 
●クラスコ本社
金沢市西念4-24-21

お客様一人一人の個別ブースを完備しております。
ご不明点等ございましたら、お気軽にご質問ください。
ご来店を心よりお待ちしております。

会員登録で今すぐ見れる!!限定公開物件

総物件数 582
一般公開物件数 62
店頭公開物件数 55

会員ログイン

店舗紹介

    tochi2 merit1 merit2 merit3 leaf cart homeNew arrow check heart2 heart1 home1 key mansion search sort tochi home office pencil paint-format image camera play connection mic book stack folder folder-open folder-plus folder-minus folder-download folder-upload coin-yen phone location display mobile undo2 redo2 bubbles2 user search2 zoom-in zoom-out key2 key22 lock unlocked cog bin star-full heart point-up warning notification question plus minus cross checkmark enter arrow-down-right2 circle-up checkbox-checked checkbox-unchecked radio-checked radio-unchecked facebook facebook2 instagram twitter
    ページトップ