【話題のリノベ特集】リフォームとの違いとメリット・デメリット

2020/03/24

【話題のリノベ特集】リフォームとの違いとメリット・デメリット


最近リノベーションという言葉をよく聞くようになりましたよね。

同時に、リノベーションって何??リフォームとは何が違うの?という質問も多くいただくようになりました。

そこで今回は、そもそもリノベーションとは何か?
そして、リノベーションのメリット・デメリットについて解説していきます!

《 リフォームとは 》


  • リフォームとは、古くなった水回りを交換したり壁や床を新しく張り替えたりと、 老朽化した建物を新築の時の状態まで"回復・原状復帰"させることを言います。

《 リノベーションとは 》

  • 一方リノベーションとは、既存の建物に間取り変更など大規模な工事を行うことを指します。
    間取り変更や住宅設備の改修を行うことにより、住む人の家族構成やライフスタイルに合わせて住宅の性能を"向上"させることを目的としています。

    住宅の性能を向上させることにより、建物に付加価値を与えて、マイナスの状態からプラスの状態に向上させるのがリノベーションです。

    リフォーム・リノベーション比較グラフ

《 リノベーションのメリット 》

  • その①:自由に設計できる

    リノベーションは間取りや空間の雰囲気自体を一から創り上げることが可能です。
    これによって、注文住宅のように家族構成やライフスタイルに合わせた住まいを実現することができます。

    その②:物件の選択肢が広がる

    “駅から徒歩10分以内の土地・新築戸建を購入したい。しかしなかなか物件が出てこなくて不動産探しを諦めかけている。”そんな悩みを数多くいただきます。

    しかし「中古物件を購入してリノベーション」という選択肢を入れることにより、希望エリアでの物件の数は多くなります。
    また、間取りや仕様が決まっている新築戸建とは違い、中古物件を購入して、リノベーションで新しくするので、既存の間取りや仕様をあまり気にすることがなくなります。

    つまり、エリアや価格を満たせばリノベーションで理想の住まいを実現できるので、購入の対象となる物件の数を増やすことができます。(建物には構造上変更できない部分もあるので、物件探しはリノベーションも行っている不動産会社にお願いし、内覧時に建物の状態も見てもらうのがおススメ)

    その③:新築戸建よりもコストを抑えることができる

    同じ条件のものを新築戸建てで購入する、もしくは土地を購入して注文住宅を建てることと、中古戸建を購入してリノベーションすることの費用を比べてみると、リノベーションのほうが20%~30%ほど安く済むと言われています。

    新築戸建てよりも安い価格で理想の間取り、理想の暮らしを実現できるのが、近年注目されている理由の一つです。

    その④:不動産価値の下落リスクを回避することができる

    新築戸建てや新築マンションの価値は築後20年間にかけて一気に下落していきます。
    (不動産の原価消極では木造建築は約22年で価値がほぼ0になります。)

    そのためリノベーションに適した築20年以上の中古物件を購入することによって、安く購入し、購入後の不動産価値下落のリスクを回避することができるのです。

《 リノベーションのデメリット 》

  • ここまでリノベーションのメリットを紹介してきましたが、メリットがあればデメリットもあります。

    ここからはデメリットとその注意点・対応策をご紹介します。

    その①:築年数が古い物件は、耐久性・耐震性に不安が残る

    中古物件を購入する際には築年数に注意する必要があります。
    築年数の古い物件は、建築基準法の改正前に建てられていたり、建築施工の管理がしっかりとされていない物件も中にはあります。
    そうした物件は耐震性に問題があったりと、間取り変更などのほかに耐震補強工事など別途多額の費用が掛かってしまう場合があります。
    建築基準法の大幅な改正が行われたのが1981年6月。それ以前の建物は特に注意が必要です。
    もちろん、1981年6月以前の建物でも今の建築基準法の基準を満たしている建物もあります。

    ☆対応策☆

    中古戸建を購入する前に、専門家にしっかりと見てもらうことによって、リスクのある物件を避けることができます。
    また、リスクの内容によっては補強などによってしっかりと対策を講じることも可能です。

    その②:入居までに時間がかかる

    新築戸建を購入する場合よりも、リノベーションの場合は入居までに時間がかかります。新築戸建を購入する場合は、契約して引き渡しを終えれば入居が可能になります。
    しかし中古物件を購入してリノベーションをするとなると、契約からリノベーションの打ち合わせ→建物検査→設計→施工→完成→引き渡しとなるので、入居まで時間がかかります。
    よって、急いで引っ越しを希望の方にはあまり適切ではないかもしれません。

    ☆対応策☆

    リノベーションを検討される方は早めに不動産探しをはじめ、希望のエリアで不動産が売りに出た際にすぐに問合せができる、又は不動産会社から物件をすぐに紹介してもらえる関係づくりを不動産会社と進めていくことをお勧めします。

    また、最近ではリノベーション済みの中古物件も流通し始めていますので、一度チェックしてみてくださいね。

《 まとめ 》

  • リノベーションはメリットも大きい反面、気をつけなければならない事もあります。また、専門家でしかわからない事もありますので、ご検討の方は是非一度リフォーム会社や、リフォームもしている不動産会社に問合せてみてください♪

会員登録で今すぐ見れる!!限定公開物件

総物件数 588
一般公開物件数 62
店頭公開物件数 60

会員ログイン

店舗紹介

    tochi2 merit1 merit2 merit3 leaf cart homeNew arrow check heart2 heart1 home1 key mansion search sort tochi home office pencil paint-format image camera play connection mic book stack folder folder-open folder-plus folder-minus folder-download folder-upload coin-yen phone location display mobile undo2 redo2 bubbles2 user search2 zoom-in zoom-out key2 key22 lock unlocked cog bin star-full heart point-up warning notification question plus minus cross checkmark enter arrow-down-right2 circle-up checkbox-checked checkbox-unchecked radio-checked radio-unchecked facebook facebook2 instagram twitter
    ページトップ